• ホーム
  • シミ治療は日焼け止めとトレチノイン研究所サイトを参考に

シミ治療は日焼け止めとトレチノイン研究所サイトを参考に

2019年07月10日
肌がきれいなので満足をする女性

紫外線や外部刺激から肌を守るために、肌の奥のメラノサイトという細胞がメラニン色素を出すのですが、その色素が沈着したものが「しみ」となります。
肌の表面に出てきたメラニン色素は約28日のターンオーバーで剥がれ落ちてなくなるのですが、加齢によってターンオーバーのサイクルが伸びてしまったり、色素の量が多すぎて全部剥がれ落ちない場合には肌の上に残ってしまい、それがシミとなっていきます。

数年前に肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンが、2%濃度以下なら使用してもよいと厚生省で認められ皮膚科で治療薬として使用されたり化粧品に配合されたりして販売されています。
ハイドロキノンはメラニン色素の産出を抑えることができるのです。

それと同時にトレチノインという成分を使用することでさらにシミの治療効果が高まることが分かり、医師の監理のもとでのみ処方をしてもらえます。
トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、ターンオーバーを早まらせる働きがあり肌の表面や奥に溜まったメラニン色素をどんどんと肌表面に押し上げ、剥がれさせてくれるのです。
朝はしっかりと日焼け止めクリームや下地クリームを使用しながらトレチノインとハイドロキノン軟膏を塗るという作業を毎日行うことでしみが薄くなっていくのです。

紫外線がそれ以上、侵入しないように日焼け止めクリームは必須で、できるだけ効果の高い日焼け止めクリームを使用する宵にします。
トレチノインやハイドロキノンの軟膏やゲルは皮膚科や美容皮膚科での処方となり、医師の指示に従って使用するようにします。

なかなか取れない頑固なシミに対するこれらの報告は美容に関して研究をしている研究所のサイトでも知ることができます。
研究所での報告ではよい点だけでなくデメリットも知ることもでき、信憑性のあるものなので、このような研究所のサイトを参考にするのもよいでしょう。

関連記事
札幌でトレチノインを手に入れる!脇美白に効果的

美白の肌は透明感がありますので、肌を綺麗に見せる事ができます。それゆえに顔のスキンケアに一生懸命に取り組んでいる方もいるようですが、美白が大切なのは顔だけではありません。併せて脇美白も意識する事をおすすめします。脇もよく見てみると黒ずみがちになっている事がありますし、見た目もあまり綺麗に見えなかった

2019年06月11日
トレチノインの使い方で注意すること

シミやしわの治療で使われるトレチノインですが、何となく聞いたことがあると思う人もいる事でしょう。よくハイドロキノンと一緒に使って治療を行うというクリニックも多いので、そのためかもしれません。トレチノイン自体は日本では未認可の薬となるのですが、ビタミンA誘導体であり、肌のターンオーバーを促進してくれた

2019年05月22日
トレチノインによる毛穴のケア

いちご鼻やでこぼことした毛穴に悩む人は意外に多かったりします。普段のスキンケアとして洗顔を頑張ったりするなどしていても改善が見られずにどうしたらいいのかといろんな方法を模索しているものです。この毛穴ケアにトレチノインを利用することがあります。本来は美白などに使われることが多いので、毛穴対策まで出来る

2019年05月08日